【掃除をビジネスに】ハウスクリーニングの開業手順を紹介

男女

売掛債権売買で資金調達

握手

仕組みやメリットは何か

企業は様々な取引を通じて売上を計上すると、その多くは売掛金となります。この売掛金は取引先によって支払期日に決済されますが、その期日までは資金化されません。このような売掛債権を持つ企業においてどうしても資金が必要とされる場合、銀行融資以外の方法としてこの売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうファクタリングという方法があります。このファクタリングの仕組みですが、厳密にはいくつかの方法に分かれます。日本国内の場合、ファクタリングは償還請求権ありの売掛債権担保融資と償還請求権のない「ノンリコース」と呼ばれる売掛債権譲渡の2種類が一般的です。償還請求権ありとは売掛債権が未回収となった場合、未回収分についての保証が要求されることが条件として融資されるケースです。反対に償還請求権がないノンリコースの場合、未回収が発生してもファクタリング会社がリスクを負い、その分を請求されることはありません。ファクタリングを通じて提供される資金ですが、売掛債権からファクタリング会社の利益である掛け目を掛け、その残額からさらにファクタリング手数料や事務手数料を差し引いた残りの資金が手元に残ります。この掛け目はファクタリング会社によって異なりますが、概ね20%ほどとなります。次にファクタリングのメリットですが、まず早期の資金化とキャッシュフローの健全化が達成できる点が挙げられます。また、ノンリコースの場合、資金未回収リスクがなくなると同時に負債のない資金増加になり、バランスシートのスリム化が可能となります。