【掃除をビジネスに】ハウスクリーニングの開業手順を紹介

男女

導入でコスト削減を図る

レジ

業態別に特化するシステム

POSとは、point of Salesの略語で、販売時点情報管理システムのことです。POSレジなどと呼ばれる通り、簡単にいえば入金管理機のことです。現在では、POSシステムは、ソフト開発や端末が開発され、あらゆる業種業態で導入がすすんでいます。その歴史は、1878年に米国で誕生し日本では1900年代に百貨店を中心に導入され始めました。その後、大型スーパーの出現とパソコン普及とともにマーケティングの観点からも活用され導入が進みました。POSの持つ機能は、商品などの入金処理を行うと同時に、売上データベース作成や在庫などの商品管理も行います。それに加え、従業員の勤惰管理や来店などの予約管理、注文などのオーダー管理など業態に合わせた機能をもつPOSを登場しています。また、POSの形状の種類も豊富になっています。パソコンに連携したシステム、ハンディターミナル型、特に最近多くなっているタブレット型などがあります。POSを導入する最大のメリットは、コストを削減できることです。それは、POSが持つ豊富な管理機能にあります。特に、売上がリヤルタイムで把握できますので、簡単に在庫が確認でき円滑な発注が可能となるため売上ロスが少なくなります。また、売上集計なども自動で行われますので、閉店後の会計処理が短縮でき人件費の削減に繋がります。タブレット型POSの場合は、操作性も優れているため、アルバイトなどの短期採用者でもすぐに操作できます。そして、最大の魅力は、販売データを分析することで、売上や来店予測などに加え、売れていない商品の発見、売れている商品の特化など対応を直ぐに図ることができることです。