【掃除をビジネスに】ハウスクリーニングの開業手順を紹介

男女

利用者増につながる

介護

コストが抑えられる

デイサービスなど介護事業に参入する場合、介護フランチャイズを利用するとスムーズに開業できるだけではなく業務支援も受けることができます。介護フランチャイズを利用するメリットとしてまずあげられるのが、ネームバリューがあることです。個人や1会社が営業しているところよりも、全国に営業所があるところの方が信用度が高いので大勢の人に利用してもらえるようになります。また介護フランチャイズでは開業申請などの事務作業を代行してもらえるだけではなく、開所する施設の場所やレイアウト、揃えなくてはいけない備品なども全て相談できるのでムダがありません。備品なども介護フランチャイズの取引先から購入できるので、かかる費用も安くなります。介護事業を始める場合、スタッフも雇わなくてはいけません。独立開業する場合にはどのような人材を採用すれば良いかや、研修をどのように行えば良いか迷う人も多いのですが、介護フランチャイズに加盟すればスタッフの採用や研修も行ってもらえます。良い人材が採用でき必要な研修も出来るため利用者に対して質の高いサービスができ、利用者増につながります。一般の企業と介護ビジネスが違う点は、利用者以外に国保連に報酬請求しなくてはいけないところです。この国保連に対する介護報酬請求事務は面倒な計算が必要ですが、介護フランチャイズではこういった事務作業の代行も行っています。介護報酬だけではなくスタッフの給与計算なども代行してくれるので、事務をするスタッフを雇わなくてもすみます。